念願の一戸建てを購入し、家の西側に小さな小さな庭がついています。
ずっとマンション暮らしだったこともあり、庭いじりが昔からの夢でした。

自分は好き嫌いが多く、食べられる野菜はトマトくらいなので、この小さな庭をトマト畑にすることにしました。
奥さんからの要望は「お弁当に入れられるプチトマト」とのことでしたが、ホームセンターに行くと、細長いトマトや、糖度の高いぜいたくトマトなど、一つのトマトに絞り切ることが出来ません。

そこで、気になるトマトを全て買ってきました。畳4畳ほどのスペースに、間隔を出来るだけ開けて8つの苗を植えてみました。

最初は良かったのですが、トマトは横に葉をどんどん広げていく野菜で、夏になると、お互いがかぶさりあって日光があまり届かないようになってしまいました。

また、「トマトを収穫する」「黄色くなった葉を取る」といった作業は、やはり、成人男性である自分がやるとなると、ある程度のスペースが無いとせっかく結実したトマトが作業中身体に当たってボロボロと落ちてしまう結果となりました。

やはり、欲張りすぎず、畳1畳に1本くらいの苗の間隔で育てるほうが、結果として1つの苗から沢山のトマトを取ることが出来、無理に沢山の苗を植えるよりも得だということが分かりました。

「失敗してから学ぶと」友人にドヤ顔で自慢したら

「いまこうゆうのが流行ってるんだよ」

と、ドヤ顔返しをされました

友人が教えてくれたのはこちら→シェア畑

なんと。。。こんな便利のものがあったたは。。。

ちょっとここで勉強してから自分の畑に専念するのも悪くなさそうですね^^;